最高によく当たる占いである、と評価される四柱推命とは

四柱推命は生まれた年・月・日・時の四つの要素を四柱とし、これに万物の根源「木、火、土、金、水」五行を陰陽に分け、十干とします。ここに十二支のエトを配置して一定の法則を出します。

この一定の法則を運命方程式(命式)といい、これをもとにその人の運命を占うのが四柱推命というものです。

四柱推命は、その命式を割り出して生まれつきの運命(先天運)とその方の努力、心がけで変わる後天運を推理する方法です。与えられた星「命式」を知ることによって開運のひとつのきっかけになるのではと私どもは考えます。

四柱推命において季節の変化に大きく関係のある「暦」は命式を出す上の大切なツールになります。つまり、季節の変化が占いの原理のひとつになっているということです。

四柱推命は古の中国に端を発するひとつの統計学です。持って生まれた自分の生年月日時間がどんな意味をもつのか、知りたいとは思いませんか?

▲このページのトップに戻る